企業法務・経営戦略でお困りなら大阪市中央区(堺筋本町駅徒歩2分)の日本橋法律事務所に御相談下さい。

新着情報・コラム

無料の求人広告≪トラブルにご注意ください≫

2019年3月29日  カテゴリー:コラム

最近,「無料の求人広告を依頼したら,一定期間経過後に有料掲載に変更になりましたとして高額(数十万単位)の掲載料を請求されて困っている。」

という相談を立て続けに受けました。

 

色々と調べてみると,こういった状況に陥り困っている方が多くいるようです。

特徴としては,FAXを利用して求人掲載の申し込みを誘引し,

送られてきた申込書類に説明することもなく,

解約をしなければ,一定期間経過後に有料掲載に変わりますと記載した文書も添付しているようです。

求人掲載の実態・実効性もないようで,求人掲載からの反響は一切ありません。

このような求人掲載に何の効果があるのでしょうか。

 

なお,掲載内容,掲載媒体,掲載日時,アクセス数,アクセス人数,具体的問い合わせなどの結果については

一切開示してこないようです。

 

しかしながら,かかる請求を拒絶したくても,相談者は,自らFAX送信していること,FAXによる申込の文書化及び解約・有料化の情報の掲載などから,契約が有効であると認識させるようになっています。

支払を渋ると大声を出してきたり,何度も架電してきて根負けを誘うようなこともしてくるようです。

 

また,求人掲載なので,事業者間取引として消費者契約法や特定商取引法を活用することが難しく,非常に巧妙であると思いました。

このような場合は,原点に立ち戻って考えるべきです。

①そもそも契約は成立しているのか(報酬が発生するような合意があるのか)。

 

②契約が成立しているとしてもこのような契約は有効(司法の救済を受けることができる)なのか。

 

事案によって様々だとは思いますので,こういったケースでお困りの場合はご自身での対応ではなく,早急に専門家に相談されることをおススメします。

 

記事一覧| 次の記事へ
↑ ページ先頭へ

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-4-27 堺筋本町TFビル8F TEL:06-4708-4795(受付時間 平日9:00-21:00)

Copyright © 2019 nipponbashi law office.